整体って?まとめ(中板橋のアジャスト 接骨院)

2022/01/20 ブログ

・整体とは、日本語では手技を用いた

 民間療法、代替医療を指します。

・大正時代~カイロプラクティック・

 オステオパシーと日本古来の手技療法

 と組み合わせたものを、「整体」と

 名付けたのが始まり。

・戦後~「整体」という言葉が普及する

 契機となった野口晴哉による整体操法

 (野口整体)

・整体に定まったやり方はなく、

 人によって理解・解釈は異なります。

●歴史

・明治政府は祈祷や占術、修験道を廃止

 しようと禁止令を出す。

・次に霊術家が誕生。霊術は、現在の

 新宗教のルーツの一つ。祈祷、手当て

 などの信仰療法・心霊療法と手技。

・当時の医療制度は不十分、霊術家が

 そこを補完

・怪しい霊術家多かった、政府警戒、締め付け。

・戦後GHQが禁止。霊術・療術終焉を迎える。

・戦後は野口晴哉の整体操法(野口整体)や、

 橋本敬三の操体法などが有名。

●大正~昭和初期には、米国から手技療法が導入。

●大正期には、山田信一がオステオパシーを紹介。

 オステオ パシーは「整体術」の名で普及。

 遅れてカイロプラクティックが紹介される。

●霊術家の弟子であった野口晴哉の整体操法

 (野口整体)の脊椎操法は、アメリカ伝来の

 療法の影響を受けている。

●オステオパシー・カイロプラクティックなどが

 入ってくる以前、中国医学に始まる漢方理論に

 よるものであり、経絡・経穴に対する働きかけ

 が中心だった。

●導入後、背骨やその周囲に働きかける、

 脊椎そのもの可動性や弾力を調整するという

 発想へ変換。

●日本での脊椎に働きかける手技療法の隆盛は、

 大正期以降のものである。

 

<板橋区 中板橋 アジャスト接骨院>