中板橋のアジャスト 接骨院 (毎日通院中の高齢者の方)

2021/12/15 ブログ

 中板橋のアジャスト 接骨院には最近毎日通院される男性の患者さんがいます。腰部脊柱管狭窄症の症状で、右臀部・右ふくらはぎの痛みに悩まされていらっしゃいます。マッサージや骨盤矯正をしても目立った改善が見られない為、二人で筋トレをする事にしました。

・うつ伏せで膝を曲げるもも裏(ハムストリングス)の筋トレ

・うつ伏せで股関節を反らす大殿筋の筋トレ

・仰向けで膝を曲げた状態で股関節を曲げる大腰筋の筋トレ、

・仰向けで膝を曲げた状態で股関節を外に開いていく殿筋の筋トレ

を1~2回ずつ、私が抵抗を加えながら行っています。

 かれこれ10日間ぐらい経ちますが、本日(12/15)はうつ伏せでの股関節反らしの維持が物凄く美しくできてました。初めて感じた目立った成果です。二人で成果を実感できたことも良かったです。右ふくらはぎの痛みはまだまだ改善の余地が残されているので、次はここを集中的に取り組んでみるつもりです。

 この高齢な患者様は「ロコモティブシンドロームの予防は筋トレが必要だ!」と仰ってます。

(ロコモティブシンドローム:運動器症候群、加齢に伴う筋力低下や関節や脊椎の病気、骨粗鬆症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態を表す言葉)

全くの同感です。ロコモが国中に広がると、医療費が重なり国家財政を圧迫します。なので政府も高齢者の筋トレを推奨してます。筋トレで改善する類のロコモの患者様には、当院で積極的に筋トレを行っていこうと思います。