中板橋の接骨院(脊柱管狭窄症)

2021/10/22 ブログ

腰・足の痛み・痺れはありませんか?中板橋の<アジャスト>接骨院ではこの様な症状の方が増えてきています。

  • しばらく歩くと下肢(大腿から下腿や脛にかけて)の痺れ・痛みが出て歩けず、少し休むと治まってまた歩ける様になる為、歩いたり休んだりすることを繰り返す(間欠性跛行という)
  • 立っていると下肢の痺れ・痛みが酷くなる
  • 前屈み・座位が楽
  • 後ろに反る姿勢が辛い
  • 腰痛は強く無いが、下肢の痛み・痺れが辛い
  • 痺れ・痛みは足の両側にある
  • 痛みはあまりないが、痺れが辛い
  • お尻の周りに痺れ・火照りが出る
  • 下肢に力が入り辛い
  • 歩くのは辛いが自転車は平気
  • 便秘・尿もれ・頻尿・残尿感、排便・排尿障害

このような症状がみられたら、「脊柱管狭窄症」もしれません。

脊柱管狭窄症って何

背骨は、椎骨と、それをつなぐ黄色靭帯・椎間板などで構成され、その内側に脊髄が通る「脊柱管」があります。脊柱管狭窄症とは、その脊柱管が狭くなる病気なのです。
50歳代から増え始め、60~70歳代に多く現れます。高齢者の10%は脊柱管狭窄症と言われています。。
加齢や仕事による負担、腰の病気により、背骨が変形することで脊柱管が狭くなります。その為、中の神経が圧迫されて血流が悪くなり、腰や足の痛み、痺れの症状が現れます。
脊柱管狭窄症かどうかは、問診・病歴などの診察所見、画像検査により判断します。

脊柱管狭窄症治療法

保存療法
腰回りの筋力を維持し症状を緩和する為のリハビリ・ストレッチ・マッサージ・骨盤矯正があり、症状が軽度の時は保存療法で改善することもあります。(中板橋・接骨院・アジャストで対応しております。)
保存療法を続けても改善しない場合、手術を検討します。