中板橋・アジャスト接骨院(突発性難聴になってしまいました!)

2021/09/04 ブログ

 9/2(木曜日)朝から耳鳴りがして、右耳付近の触覚にも違和感を感じ、軽い炎症状態を感じました。

9/3(金曜日)9:30から中板橋の耳鼻咽喉科いいだクリニックを受診、ドクターからは突発性難聴の診断を受け、原因は疲労・寝不足を指摘されました。聴覚検査をして頂いた際、右耳だけではなく左耳の聴力も落ちている、と言われてビックリしました。左耳は正常だと思っていましたので・・・

〇突発性難聴とは

前触れもなく突然片耳(まれに両耳)の聞こえが悪くなる病気。耳には、音の振動を脳で感じるための電気信号に変換する機能がある。音から生じた鼓膜の振動が鼓膜の奥の小さな骨(耳小骨)を伝わり内耳に到達し、内耳で振動が電気信号に変換され、聴神経を伝って脳に到達し、音として認識されるが、これらの過程が障害されると難聴が生じる。難聴には大きく、外耳から内耳に音が伝わらなくなる伝音難聴と、内耳で音から変換された電気信号が脳にうまく伝わらなくなる感音難聴の2種類があり、突発性難聴は感音難聴の一種である。この症状が出る人の年齢層は幅広いが、特に40~60代に多く見られる。聞こえにくさの程度は人によって違うため、まったく聞こえない場合もあれば、高音だけが聞こえなくなる場合もある。

原因

音を感じ取って脳に伝える役割をする有毛細胞が何らかの原因で傷つくことで突然片耳または両耳が聞こえなくなる。有毛細胞が傷つく原因として、内耳の血行不良やウイルス感染などが有力視されている。ストレス、過労、睡眠不足などがあると起こりやすい。

(中板橋、アジャスト接骨院、平野院長談)