中板橋・アジャスト接骨院(交通事故治療)の解説{大山駅から徒歩15分}

2021/06/17 ブログ

自賠責保険は自動車事故による対人賠償保険

「え!自賠責保険って車の修理代は出ないの?」
とビックリされる方が、実際にいらっしゃいます。自賠責保険に入っているから、相手の修理代は出るだろうと思っていたとのことです。

自賠責保険は「他人の怪我に対する賠償」のお金が出るだけで、車とか塀とかガードレール・電柱など「もの」の損害に対しては支払いが行われません。
また、自賠責保険は他人を死傷させたことによる損害について補償するものですので、
自分が怪我をしたことによる損害を自分の加入する自賠責保険により補償を受けることはできません。

自賠責保険の加入の対象となる自動車は、自転車は含まれません。(自賠責保険)は、自動車損害賠償補償法(自賠法)に基づいて、自動車の運行により生命または身体が害された人身事故の被害者を救済する目的で、全ての自動車に対し、契約することを義務づけている強制保険です。
 

保険金の支払い基準と限度額

自賠責保険の保険金は、国土交通大臣および内閣総理大臣が定める支払い基準に従って支払われます。
傷害(怪我)による損害は、支払い限度額
120万円の範囲内で治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料が支払われます。

後遺障害による損害は、後遺障害の程度に応じた等級に従って
75万円から4000万円を支払い限度として、逸失利益・慰謝料が支払われます。

死亡による損害は、支払限度額
3000万円の範囲内で葬儀費、逸失利益、被害者本人および遺族の慰謝料が支払われます。なお、死亡するまでの傷害による損害は、別途傷害による損害の支払いと同様に支払われることになります。

(板橋区中板橋、アジャスト接骨院 交通事故治療についての解説)