中板橋のアジャスト接骨院<ばね指治療>

2021/05/07 ブログ

◎中板橋のアジャスト接骨院の<ばね指対策>
​​​​​​

ばね指とは指先の腱鞘炎のことで、指の関節が曲がってしまい真っすぐに伸びない状態をいいます。

指を曲げた際にひっかかりを感じ、その指を真っすぐにしようとしたときに、ばねがはじけるような動きからこの名前が付きました。

◎原因

指を曲げるために腱があり、その動きを支えるために腱鞘という部位があるのですが、そこに何らかの炎症が起こることが主な原因です。

炎症により腱がうまく機能せず、指の曲げ伸ばしが難しくなります。

代表的なのは指先の酷使とされます。

指先をよく使う仕事をされている方は特になりやすく、また最近はパソコンやスマートフォンの長時間使用によっても引き起こされます。

また、女性の場合にはホルモンバランスが関係することもあり、産前産後、更年期などにばね指を発症する場合があります。

◎保存療法

炎症が軽く、痛みが強くない時には、まずは安静にしておきましょう。

テーピングなどで指を固定します。

炎症が落ち着いてからゆっくりと指をストレッチさせ、徐々に機能を回復していきます。

①アイシングまたは温め

手指を使いすぎて鈍い痛みが出たり、炎症が起きて熱感がある場合はアイシングが効果的です。患部を冷やすことで炎症を抑えることができます。

反対に、血流の悪さから手指がこわばる時や痛みが長く続く時は、手を温めて下さい。

②ストレッチ

痛みがあると、指を動かさなくなり安静にするため長い間固定していると、さらに血流が悪くなり関節自体も固くなるため、適度な運動(グーパー体操)で柔軟性を保ちます。

ストレッチでもよくならない場合はハイボルテージ治療

ハイボルテージ治療は、超音波と電気刺激を組み合わせた治療で、疾患部に対して2つの刺激を働きかけることで、直接患部の炎症を抑えたり、痛みを和らげる事ができます。

(板橋区、中板橋駅から徒歩3分・大山駅から徒歩15分の接骨院です)