中板橋のアジャスト接骨院の浮腫み解消

2021/05/02 ブログ

カリウム・食物繊維・利尿作用・発汗作用など、体のむくみをスッキリさせる栄養素が豊富な食べ物をご紹介します。

むくみの原因の一つが「塩分の摂りすぎ」。塩分を体外に排出する効果がある「カリウム」を多く含むアボカドは、むくみを取るのにおすすめの食べ物です。

体に熱がこもっていると感じたり、むくんでパンパンになっている時は、体内の余分な熱をとり、水分代謝を促す夏が旬の野菜をとると良いです。特にセロリは肝臓の疲れにも効くと言われているので、お酒続きの時にもオススメです。

余分な水分を体外に出し、むくみ改善や胃腸の働きを良くする効果があるとうもろこし。特に、とうもろこしの髭は利水作用が高いです。夏が旬の野菜は体を冷やす特性がありますが、とうもろこしは体を冷やさないので安心して食べられます。

アサリやはまぐり、しじみなどの貝類は、コレステロール抑制や高血圧予防の作用のほか、利尿作用があるため、むくみを解消する働きも期待できます。肝の機能を高める働きがあるので、肝臓を酷使しがちな季節に、進んで摂りたい食材のひとつです。

水の巡りや血の巡りなどを改善してくれる山菜の王様、たらの芽。苦味成分は血糖値の上昇やアルコールの吸収を抑える作用もあるので、お酒を飲む際にぜひ摂ってほしいです。

きゅうりは身体を潤しながら熱を冷まし、余分な水分を排出させる利水効果があるので、暑さで水分をたくさん取りすぎてむくんでいる人、ほてって熱っぽくてパンパン、という人にピッタリの食材です。