中板橋のアジャスト接骨院のダイエット(股関節)

2021/03/25 ブログ
logo

 

股関節が硬いと痩せないってほんと?

ダイエットというと、食事制限・筋トレ・有酸素運動などを思い浮かべる方も多いと思いますが、痩せ体質を作るには、実は柔軟性が大きく関係しています。その中でも、特に全身への影響が大きい股関節はダイエットをする上では絶対にほぐしておきたいポイントです。

 

股関節の柔軟性について

関節が硬いということは可動域が狭いということです。私たちは1日の中でどれくらいの時間、座って過ごしているでしょうか。朝起きてから朝昼晩の食事・移動・お仕事・テレビ・お風呂 etc..ほとんどの方が1日の大半を座って過ごします。 移動手段や家事、育児が便利になったことで、私たちの日常での動きは最小限に留められるようになりました。その結果、股関節を支える筋肉や靭帯が固まり、可動域が狭くなってしまうのです。

股関節が硬いとなぜ痩せないの?

可動域が狭くなることで動きに制限がかかり、日常動作が小さくなります。すると歩幅が狭くなったり、階段ではなくエスカレーターを使ったりと、自然に1日の運動量が減り消費カロリーが少なくなります。20以上の筋肉で支えられている股関節が使われないと、全身の血流が悪化し代謝が悪くなり、脂肪がつきやすく、疲れやすい身体へとなってしまうのです。さらには股関節の硬さが原因で体のバランスが崩れ、腰痛や膝の痛みなどを引き起こしてしまう場合もあり、そうなると運動する意欲も失われ、どんどん太りやすい生活になってしまいます。逆を言えば股関節には沢山の筋肉が関係しているからこそ、動かす事での恩恵がたくさんあるという事です。