明るい兆し

2020/05/12 ブログ

新型コロナウィルスの状況も明るい兆しが見えて参りました。東京都の感染者は連日二桁にとどまってます。この調子で少しずつ減少していって欲しいものです。
一時はどうなる事かと不安で仕方ありませんでした。月の売上は3割減り、来院数0人という日も珍しくありませんでした。「ヤバい!」と思いました。
幸い接骨院には営業自粛要請が出ませんでしたので、通常営業を続けさせて頂きました。
ただ、何も手をつけないわけには参りませんので、まずは大家さんとの家賃交渉。大家さんも理解を示してくださり、家賃の支払いを半額にして残りを敷金から充当する案を出して頂きました。
次は月々のローンの支払いです。月々の返済額を下げ支払い期間の延長をして下さった会社・支払いを3ヶ月猶予して下さった会社・
何も救済措置を取って頂けなかった会社と分かれましたが、何とか目処がつきました。
当院の受付さんは、小学校のお子さんが休校となった為、初め子供同伴で出勤してましたが、お子さんの感染のリスクを考慮して3月半ばから休職してもらってました。その受付さんにも、100%国から休職手当が支給されることとなりました。
困った時はお互い様、何とか国民全員でこの危機を乗り越えていきたいです。決して「渡る世間は鬼ばかり」では無いな!とコロナショックを通じて感じました。